二次会の幹事を頼まれたら


新郎新婦から、二次会の幹事を頼まれることもあると思います。


もともと二次会は、披露宴に招待できなかった

人にも出席してもらい、新郎新婦を紹介しパーティを楽しんでもらうためのものです。


親族や会社の関係のお客様が中心の披露宴と違って

参加者が気軽に楽しみながら、結婚する二人を祝福できるようにしてあげたいものですね。


そのためには、早めの準備が必要になります。


幹事がするべきことの概要としては、


・予算・人数を決める

・演出を考える

・スタッフを決める

・場所を探す

・会場の下見


ここまでを、2~3ヶ月前に行い、

1~2ヶ月前には、


・招待状の発送


そして、1~2週間前に


・最終チェック


という流れになります。


特に、予算や人数の把握と、それに合わせた会場の手配が重要なポイントになりますね。


二次会の場合、披露宴と違って

急なキャンセルが入ることも考えられますので

人数の変更に対処できるよう、ある程度は余裕を持っておくことも必要です。


また、披露宴の会場から近い場所を選ぶことも大切です。


披露宴から直接二次会に参加する人もいますし

何より、新郎新婦が移動しやすいように手頃な場所を探してあげましょう。


二次会の場合、飲み放題、ビュッフェスタイルが

一般的ですので、できればある程度の融通を聞かせてくれるような店を探せるとベストです。


他に、ゲームの準備や、余興をやってくれる人の手配なども、しっかりとしておいてください。


言うまでもないことだと思いますが、くれぐれも

赤字が出ないよう、予算を把握し、支払い方法なども

事前に確認してスムーズに済ませるようにしてください。





私達の仲間になりませんか?
ヒガシ21では仲間になってくれる人たちを募集しています ヒガシ21は移転のスペシャリストとして、引越しだけではなく、その他の内部にいたるところまでサポートする企業です。お客様のためにみんなで楽しく仕事を する方を募集しているのでぜひ一度応募してみるのもありですね。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja