出欠の返事は早目にしましょう


結婚式や披露宴と同様に、二次会の出欠も

早めに返事を出すようにしましょう。


実際には、結婚式の出欠については

返信のハガキをすぐに出す人が大半ですが

二次会となると、意外に連絡漏れが多いようです。


また、自分では返事を出したつもりで

忘れてしまっていたという話もよく聞きます。


言うまでもないことですが、二次会の出欠確認は

主催者である新郎新婦や幹事さんにとって、

参加人数を把握するために大切なことですので

くれぐれも連絡漏れがないように注意しましょう。



また、返信ハガキの書き方については、


・宛名の「行」を二本線か斜線で消して「様」に書き直す

・御出席の「御」を二本線か斜線で消して「出席」を丸で囲む

・その下に「ご結婚おめでとうございます」

 「喜んで出席させていただきます」と書き入れる

・「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消す


などに注意してください。


なお、書いてあるものを消すときには、

必ず二本線か斜線を使います。


塗りつぶしたり、×で消すのは

マナー違反ですから注意しましょう。


これらは結婚式や披露宴の出欠連絡でも

同じことが言えます。


最近では、ハガキではなく

メールで出欠確認の連絡ををすることも

あるようですから、その場合は必要に応じて

対応してください。

また、メールの場合でも、上記のハガキの書き方と

共通する項目があれば、同じように注意しておいてください。




ヒガシ21
ヒガシ21の引越しは大手企業からの依頼も受けている らしいので、対応が丁寧、迅速です。引越しはヒガシ21できまりですね。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja