二次会でスピーチを頼まれたら


二次会でスピーチを頼まれるということも

よくあると思います。


何を話せばいいのか、迷うかも知れませんが

基本的に二次会の場合は、披露宴と違って

格式張る必要がありませんから、リラックスして

話すように心がけるとよいでしょう。


ただ、これは披露宴のスピーチにも言えることですが

長くなりすぎないよう、要点をまとめておくことは必要だと思います。


よほど話術が巧みなら別ですが普通は、長いスピーチは退屈するもの。


できれば、1~2分程度でまとめるほうが良いですね。


また、たまに見かけるのが、自分が主役のようなつもりで、悦に入って話す人です。


言うまでもないことですが、あくまでも主役は

新郎新婦なのですから、そこから逸脱しないように話す内容を吟味しておきましょう。


できれば、2人のエピソードや人となりが

分かるような内容を、柔らかい雰囲気で話せれば良いと思います。


また、冗談が行き過ぎて笑えないような場面を

見かけることもありますから、限度はわきまえましょう。


一番嫌われるのは、空気が読めないことです。


新郎新婦を祝福し、会場の人と一緒に喜べるような

話題を選んで、短くまとめるようにしてください。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja